持続可能な開発目標(SDGs)とは,LOHASが生まれた同時期、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,改めて、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。
今や、大きなムーブメントとして各自治体、企業が取り上げるテーマとなっています。