HOME > 機構について > 法人の目的

法人の目的

 地方公共団体や各地域の活性化等に取り組んでいる事業主体、及び地域住民に対して、地域活性化に役立つ構想、計画を提案し、その具現化に向けたプロジェクトの構築や支援、コンサルティングを行います。特に農業・農村の活性化に伴う国の補助事業の推進、及び民間の活力が求められる事業には中小企業活性化協議会等と連携して企業支援も行っています。

 農水省の施策である“バイオマスタウン構想”は300市町村で計画され内閣府・農水省・国交省・文部省・環境省・経産省・総務省等7省庁連携で実現を図る計画を推進しています。

 又農業の事業拡大を図る“農商工等連携”および“六次産業化の推進”は今後最も相乗効果の期待できる展開と思われます。農業が経済的に成り立つ地域事業として、また新しい技術を導入した近代的な産業化を図り付加価値の高い事業とするため、コンソーシアムで取り組んで参ります。